増えるがん患者と日本の医療の将来に関して

がんイコール死を連想させたのは、過去の時代となっています。
日本の医療は日々進化を遂げていますし、がんと診断されても焦る必要はありません。
ただ、頭に入れておいて欲しいのが治療費の問題です。
近年、がんの治療は外来で行われることが増えています。
通院給付の付いた保険に入っておくことが理想ですし、それが身を守ることにも繋がります。
がんの治療費は高額になりますし、ある程度の蓄えがないと乗り切ることが出来ません。
先進医療特約が付いた保険もありますし、資料を請求して考えておくことが大切です。
もちろん、早期の発見が重要な鍵を握っているのも確かです。
二年に一度は人間ドックに入ることが重要ですし、ライフスタイルを見直すことも抑止になるはずです。
胃がんや肺がんは日本人に多いですし、暴飲暴食と喫煙はタブーと言われています。
自己責任と言ってしまえばそれまでですが、自分の身は自分で守るしかありません。
医療費の抑制にも効果的です。